...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.17 Friday... - / -
...巨人vsソフトバンク その3
Image043.jpg
前には家族連れ。
背のない私も子供たちの後ろからちゃんと見えます。

前座で始球式。
なんとスペシャルゲストで倖田來未!
ちっちゃくてよく見えませんでした。笑

チアガールや野球少年たちによる余興が終わり、いざ試合開始。
巨人もソフトバンクも、ものすごい応援です。

「ヨシノブ!(手拍子)ヨシノブ!(手拍子)」
「オーガーサーワラ!(手拍子)」

なるほど。
選手によってさまざまな応援がある様子。

目の前のお父さん、かなりの応援マスター。
声を張り上げ、手を振り上げ、汗を流しながら懸命に応援。
試合にくぎづけになりながら、無意識に手拍子してます。
そんな様子を二人の子供が見様見真似で一生懸命に応援をします。

「お父さん暑い」
「おっ、袖をまくれ」
お父さん、お姉ちゃんの袖を丁寧にまくってあげます。

木村拓也が三振。
「ああ〜〜〜っ」
お父さんが膝を折ってのけ反り、こぶしを握って残念がります。
「よし、小笠原に決めてもらいますか!」
「はいっ」
と子供たち。


なんというか、試合よりも、目の前の親子がほほえましくて仕方ありませんでした。
野球にしろなんにしろ、親が夢中に、懸命になって、汗を流している姿を、子供が見て、別にああしろこうしろと言われるわけでもないのに、自然と同じことをする。
振り付けがわからなくなると、父親を見る。
父親が気付いて子供が見やすいように手を動かす。
親を見て、子供は育つんだなぁと思いました。
そういう関係が今の世の中では貴重で、野球というスポーツで一緒に汗を流して応援する、この親子はすばらしいなと思いました。
アイコンタクトもばっちり。
きっと親孝行ないい子に育つことでしょう。


私と相方は、立見席の熱気にやられて4回でギブアップ。
あの親子は試合終了まで絶対いると思いますが。
JUGEMテーマ:芸能


2008.06.21 Saturday... comments(0) / -
...スポンサーサイト
2009.04.17 Friday... - / -
message
post