...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.17 Friday... - / -
...奇跡のコライ。
生きていました! コライが!

台風が過ぎた翌日の16日。
やっぱり仕事に行く直前、庭から猫がくしゃみをする音が。
そういえば、よくコライもくしゃみしてたな。
慢性鼻炎猫だったからな。
と、思いながらふと外を見ると.....
「コ、コライだ!!」

寝てた相方をたたき起こし、
「コライがいた! コライがいた!」
「う〜......えっ! どこに!?」
「庭を歩いてた!!」
「え!?」
そして急いで庭に出てみると、隣の家との狭い隙間に確かにコライが座っていたのです!
「ちょっと、隙間に入って連れ出せるかどうかやってみる」
「私、もう仕事に行かなきゃいけないから、後お願いね」

そして祝日休みの相方に後を託して出勤。

しかし仕事を終えて家に帰ってみると....
「間が狭すぎて無理だった....」
コライがいつ隙間から出てきてもいいように相方がキャリーケースをとりにいっているあいだに、どこかへ移動してしまったらしく、あちこち探しても見つからなかったらしい。
でもね、庭を歩いてる姿は至っていつもと同じ感じで、くしゃみも普通で、しかも塀も乗り越え、名前を呼ぶと「うるさいな〜」って感じでしっぽを振って返事をする。
とても死にそうにはなんだか見えなかった....。
「アイツ、もしかして自分が怪我してるの気づいてないんじゃ.....」
「まさか〜。だってあんな大怪我だよ? 痛くないの?」
「知らないよ。俺に聞くなよ〜。コライに聞け」
「だってさ〜....」
「..............。」
「..............。」



..................コライならありえる?



思わず考えこむ2人。

今までもケンカで血を流していることもしょっちゅうで、それも全部ものすごい猫の自然治癒力で治してきたコライ。
この3日間、どうやらどこかで台風の大雨をやり過ごしていたようす。
発見したときのコライは、もう血も出ていなかったようで、
ただ心配なのは、怪我をしたあごでちゃんとご飯を食べられているのかどうか。
栄養を取れているのかどうか。
水も飲めているのかどうか。
食事ができない猫は脱水症状にはじまり、どんどん衰弱して、やがては死んでしまう運命にあります。
しかも、あんな怪我した顔で....
「普通に人が見たらさ、軽いホラーだよね」
コライを知っている私たちですら、見たら気持ち悪いと思うくらいの顔なのに、
そのコライにご飯をくれる親切な人がいるんだろうか?

というわけで、庭にはいつコライが来ても大丈夫なように、ご飯と水を常備し、
玄関にはキャリーケースを置いてあります。
自分たちが想像した以上に元気そうなコライを発見したのもつかの間。
果たしてご飯などはどうしているのか、そのまま生きていけるのか、
私と相方の心配をよそに、どこかに潜んでいるコライなのでした。
どこいったんだ、コライ〜。>-<  
2007.07.17 Tuesday... comments(0) / trackbacks(2)
...スポンサーサイト
2009.04.17 Friday... - / -
message
post









trackback-URL
http://ayumonde.jugem.jp/trackback/216
thanks trackback
CDケース
CDケースについていろいろ語るブログです。今はもう音楽用のSDカードとかMDとかが発達してCDを使っていない方が多いかもしれませんが、やはりCDですよね^^
| CDケース | 2007/07/17 6:05 PM |
アレルギー性鼻炎
アレルギー性の鼻炎は、鼻水が止まらない、くしゃみが止まらない等の異常の出る不快なアレルギー性の病気です
| アレルギー病気 | 2007/07/17 6:13 PM |