...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.04.17 Friday... - / -
...コライ。(猫に関するショックな内容ですので、読みたくない方は読まないでください)
コライはね、小雷と書きます。
なぜなら、昔かわいがっていた半ノラ猫の雷(ライ)の子供で、模様もそっくりだからです。

昨日の朝、仕事に行く前にはみがきをしてたら、
少し離れたとなりの家の塀の上に、いつものようにコライがいました。
「コライ」
と呼ぶと、いつも
「ニャー」
って急いで立ち上がって、ごはんをもらいに玄関まで来るのに、
昨日は微動だにしません。
調子が悪いのかな?と思ってしばらく見ていたら、
(猫は調子が悪いと治るまで眠って回復します)
なんだか右目と口から血を流しているように見えました。
相方に
「ねえ、なんだかコライの様子がおかしいんだけど。もう仕事に行かなきゃいけないから、ちょっと様子を見に行ってあげてくれない?」
「どうせまた他の猫とケンカしたんじゃないの? 大丈夫だよ」
そして私はそのまま電車に乗って仕事に行ったのでした。

家に帰って
「コライ見た?」
と聞いたら、
「ケンカじゃなかった」
って。
「え? どうしたの?」
「ショックを受けると思うから聞かない方がいいと思うけど.....バイクにひっかけられたみたいだ」
「え!? 大丈夫なの?」
「.........。そばに寄って見たら......顔の右側がつぶれてて....眼球が飛び出してた。あごも砕けてたみたいだった.....」
思わず言葉を失いました。
彼も仕事に行く時間で、このまま病院に行くか相当迷ったようでしたが、どうしたらいいかわからず、とりあえず塀に上る元気はあるらしく、名前を呼んだらこっちを向いて、ちゃんと呼吸もしていたし、いつもそこにいたので動かないだろうと思い、今日は早く仕事を切り上げて病院に連れていこうと考えたのだそうです。



でも戻ってきてみるとコライはいなくなっていました。



おそらく、もう自分で死を覚悟したのかもしれません。

彼が
「塀の横の階段に大量の血が落ちてた。おまえとおれに最後に会えるのを待ってたのかもしれん。おれの顔をじーっと見てた。鳴くこともできなかったんだろうな......」
結局、今日もコライの姿は見えません。
「帰ってから近所の行きそうなところとか、家の床下とか、屋根の上とか、あちこち探したけど、見つけられなかった。あのとき病院に連れてっていればよかったのかな....」
でも、眼球が飛び出して、あごが砕けるくらいの衝撃では、きっと脳も無事なわけもなく、相方を判別できたのが不思議なくらいで、病院に連れていってもおそらく安楽死くらいしかしてあげられることはなかったんだろう。
コライは、助けを求めていたんだろうか。
私たちの判断は合っていたんだろうか。
後悔と、もしかしたらまだ生きていて、近くにいるんじゃないかという思いが錯綜して、とても何かをする気分にはなれませんでした。

おじいちゃん猫の雷のときも、いつもはごはんをもらってどこかへ行っちゃうのに、おばあちゃんや、私や相方や、珍しくみんなに会いにきて、一日中家にいた日がありました。
次の日、雷は姿を消しました。


猫は死に際を飼い主に見せないと言います。
雷は自分の寿命を感じ、きっとずっと遠くへ行ったのでした。


でも、今回のコライのあまりの衝撃的な出来事に、納得のいかない心でいっぱいで、
私たちはどうしてあげればいいのか....。
今となっては、コライを見つけ出すことすら困難になってしまいました。
あの傷で、生きていられるとは到底考えられないし、そんなに遠くへ行けるとも思えない。
でもどこにもいない。
やり場のない気持ちと、コライがかわいそうで仕方がなくて、涙が出ます。
どこにいるんだろう。コライ。
もしどこか知らない土地で死んでしまっているのなら、探し出してせめて家の庭に埋めてあげたいよ。
2007.07.14 Saturday... comments(0) / trackbacks(1)
...スポンサーサイト
2009.04.17 Friday... - / -
message
post









trackback-URL
http://ayumonde.jugem.jp/trackback/214
thanks trackback
胃もたれの原因と解消方法
自分には胃もたれなんかないだろう。そんな風に思っている時期もありましたが、年をとるにつれて食後の胸焼けや胃もたれが気になるようになりました。このブログでは、管理人の体験談などから胃もたれの原因と解消方法について紹介したいと思います。
| 胃もたれの原因と解消方法 | 2007/07/14 4:31 PM |